中川戸風景
ドローンで撮影

伝承されている神楽の起源や特徴など
 明治時代の初め頃を中心として、島根県石見地方を源流とする石見(いわみ)神楽が、広島県の北西部に伝わりました。
 その後、戦後になると能や歌舞伎を神楽化した演目が加わり、県北一帯の神楽の演目は約60と言われるようになりました。
 明治以降、農村文化として発展してきた神楽を舞台芸術に仕上げようと、中川戸神楽団独自の演目・板蓋宮を創作し、今から20年前、広島市アステールプラザ大ホールで自主公演しました。これが現在の『広島神楽の原点』と言われています。
 伝統芸能・郷土芸能の総合芸術化には、賛否両論ありますが、中川戸神楽団は保存的伝承するのではなく、創造的伝承に神楽の未来を求め続けています。

プロフィール
 中川戸神楽団は、明治8年頃に吉藤八幡神社の氏子たちにより結成され、当時は六調子による神楽を舞っていました。戦後は高田舞いと称し、八調子による神楽を導入して神楽の伝承保存に努めてまいりました。
 最近ではオリジナル神楽も発表し、一生懸命がんばっています。
 これからも「感動ある神楽」を目指し、団員一同がんばる所存ですので、何卒温かいご支援とご指導の程よろしくお願いいたします。    

TOPへ